村人との出会い:はるみ

陰陽師

  • 年齢 : 19歳

  • 彼女はプライドが高く、負けず嫌いです

  • だっきに褒められたら幸せ

  • 「わたくしは狐神を祀る家に生まれたのよ」

コージ村の狐神社の
気位の高い少女陰陽師。
代々狐神を祀る阿部家に生まれた。
はるみは母親のおなかの中で
狐神だっきの声を聞いていた。

「わらわがお前を
一生守ってやるからな」

優しく可愛い心が
へその緒を通して伝わった。
胎動で返事をしたことだろう。
だっきははるみが奉るべき神であり主人
幼い頃から大切にしている人形よりも
愛おしい存在。

だからこそ、最近気に触ることがある。

かつてコージ小学校の同窓生であり
ライバルだった予言少女ネル。
散歩中のだっき様を見て
恋に落ちたかのように
ちゅ~るを持って
ちょろちょろついて回るが
だっき様がネルの差し出すちゅ~るを
馴れた様子で受け取るのが
何だか妬ましい。

「だっき様の関心はわたくしだけが
受けるべきなのに!」

最近、はるみの悩みは深い。
目の上のたんこぶのようなネルを
どんな目に遭わせようか?

Optimized by Optimole