村人との出会い:キューピー、ほのか、りん、キラー、えま

ラバー

  • 1,000歳以上

  • 年を数えるのは無意味

  • キューピッド(Cupid)とも呼ばれます

  • 「不毛なあなたたちの心に愛を植え付けましょう」

<疑いと不信が飛び交う
コージ村に行け!>

ぶらぶら遊んでいた
愛の神キューピットに
ゼウスの命令が落ちた。
お互いを信じることができない
コージ村の住民の心に
愛を植え付けるミッションだった。

「… … でも、最近の恋愛には
オフラインの美学なんて
ありませんが?」

キューピットの生業にも
問題が生じていて
コージ村に行く旅行費もない。
21世紀のIT事業の時流に
便乗するべきか悩んでいた時に

とてもすごいビジネスアイテムを
思い付いた!

4次産業革命の時流に合わせて
<ラブカウンセリングアプリ>を
制作してみた。
ゼウスのミッションも解決できて
愛のメッセンジャーという
かつての立ち位置も取り戻せそうだ。

キューピーは果たして
コージ村の住民たちの心に
愛を植え付けることが
できるのだろうか?

住民

  • 12歳

  • 明るく、明るく、少しシャイ

  • コージモンステッカー収集に夢中

  • 「うちの村の人たちって本当に優しい」

ほのかの趣味は
コージモンパンに付いてくる
ステッカーシールを集めることだ。
現在、コージモンステッカー
100種類中99枚を集めている。

まだ彼女が
手に入れていないステッカーは…
非常に手に入りにくい
極、極、極悪の確率のリボンモン!

ある日、ついにほのかは
リボンモンのステッカーを手に入れた。
大切にそのステッカーを胸に抱いて
歩いていたが…

うわっ!
大きな石につまずいて転んでしまい
リボンモンのステッカーを
シンクホールの穴に落としてしまう…

その時、シンクホールの中から
変な声が聞こえてきた。

「あの、誰かわからないけれど
私のステッカーを返してください!
お願いします!」とほのかは言う。

探偵

  • 17歳

  • 不当な調査を専門にします

  • 将来の夢はポストシャーロック・ホームズ

  • 「犯人はこの中にいる」

昔から探偵は
市松模様のアイデンティティが重要だ。
制服の代わりにカスタマイズされた
探偵服を着て登校する
コージ高校推理部の部長「りん」は
その堂々とした様子が印象的だ。

アニメは「名探偵コナン」しか観ず
映画はミステリー、捜査物しか観ない。
小説はシャーロック・ホームズシリーズ
しかを読まない。

19世紀の霧に包まれた
ベイカー・ストリートを愛しているが
実際は21世紀のコージ村の住民であり
イギリスに行ったことはない。

無駄足を踏むことを特技とし
早合点をオプションとしている。
事件を解決しに行って
コージ村をさらに混させることが多い
彼女の将来の夢は
ポストシャーロック・ホームズ!

なぜ探偵になりたいのかというと…
ただ、かっこいいから!!!

キラー

  • 16歳

  • コードネームは赤い帽子

  • イラングを排除するために雇われた暗殺者

  • 「イルラン排除作戦開始」

コージ村住民会はキラーを雇った。
彼女の活動名は
「コードネーム:赤い帽子」。
住民たちの依頼内容は
「イルランをこの村から消して」
というものだった。
郵便箱に電気代の請求書が届くように
周期的にコージ村の平和を
乱しているイルランを!

昔からキラーとして必要な条件である
感情を見せないポーカーフェイス
地震が来てもターゲットを追い続ける
照準鏡のような目つき!
彼女はその両方の条件を備え
さらに緻密さも兼ね備えていた。

キラーらしく赤い帽子で顔を覆い
コージ村に潜入したが…

しかし
このキラーは一見冷酷なように見えるが
どこか少し緩い雰囲気を持っている。
なぜ彼女は
イルランを追いかけているときに
揺れる野の花に何度も目を奪われるのか?

女子高生

  • 17歳

  • 高校の推理部部長

  • Summons Spirits as a Hobby

  • 「幽霊は本当に存在しますって!私が証明してみせますからね!」

コージ高校怪談部16期部長の
女子高生えまは
最近大きな悩みを抱えている。
それは愛する怪談部が
解散の危機に瀕していることだ。
理由は部員がえま一人だけだから。

嫌々怪談部の顧問を押し付けられた
数学の先生は
「幽霊は存在しないから
部を解散しろ」と言う。

えまは幽霊が存在することを
先生に証明したいと思っている。
そこで「コックリさん」という
降霊術を試み
望んでいた幽霊との対話に成功した!
そして、この幽霊…
300年前にコージ村の池に落ちて死んだ
水鬼だというのだ。

このチャンスは絶対に逃さない!

「コックリさん、コックリさん
数学の先生の前に現れてください。
どうか怪談部がなくならないように
助けてください!」とえまは願う。

Optimized by Optimole